konboi_kunの日記

日々、感じたことをまとめる場として利用する

開発プロセスについて、ちょっと纏め

UMTP Lv2をうけようと思うので、プロセスをちょっとまとめ

 

ウォーターフォール型プロセス

プロジェクトをアクティビティ(要求分析、設計、コーディング、テスト)に分けて管理する。

[特徴]

・滝のように流れが決まっていても、流れを上流にさかのぼることがある。

・設計終わった。と思っても試験から設計に戻ることもある

・本番稼働に近いコードが、最後にテストになるので、問題が最後に見つかる可能性

 が、どうしても高く見える。

 

■反復型プロセス

プロジェクトを機能で分割して、機能ごとに分けて管理(リリース)する。

[特徴]

・一回の反復で機能が完全にできあがらないこともある。こんな時は、最後のほうの

 反復にバグフィックスの反復が入ったりする。

・本番稼働に近いコード(近い品質)が早期にテスト、組み合わせに回せるので、

 問題の早期発見ができる。

 

■組み合わせプロセス

ウォーターフォール型プロセス、反復型プロセスを組み合わせる。例えば、分析と設計は、組み合わせプロセスで、以降は反復型プロセス。