konboi_kunの日記

日々、感じたことをまとめる場として利用する

パッケージ図 その2

パッケージを描くときは、パッケージ間の依存関係を意識する。具体的には、単一方向に依存が付くような場合が望ましい。

例外はあって、Mapperパターンのデータマッパーなどは、データを管理する層とロジックの層の橋渡しをするため両方から依存が付く。

橋渡しでは、ロジック層で扱うデータをデータ保存するのに適した形に変換したりするので、両方から依存が付くのが自然で正しい。